税理士事務所で働く

歯科治療の技術の進歩

大阪で30年暮らしており、その大半を親の知人の紹介の歯科で治療していました。
そこが何が良いかというと、とにかく早いのです。ほかの歯科では待ち時間が長くて、いつもうんざりしていたのですが、
そこでは二、三人並べて、平行作業のように治療していきます。とにかく処置が早く、と言っても乱暴だとかいうわけではないので、痛みも少ないのです。急ぎのときは浜松市 歯科選びましょう。
そのとき私は、歯科治療の痛みは、時間に比例するのだと思いました。
優秀な歯科医に出会ったのだと、感謝していました。が、しかしその後、それは覆されることとなりました。
三十を過ぎて仕事のために東京に転居し、すぐに歯が痛んだので、町の小さな歯医者にかかりました。
するとなんとその医師は歯を診るなり、「どこで治療されたんですか。三十年前の治療法ですね」と、
おっしゃったのです。
東京の医師と大阪の医師、二人の医師の年齢は、五歳も差がないと思います。その五年の差で、
数十年もの技術差が出るのか、と驚きました。もちろん、その医師の治療も手際よく、処置も的確でした。
大阪の医師が悪いというわけではありません。
経験も大切ですが、やはり医学の進歩というものは、重要だと思った次第です。