税理士事務所で働く

20歳からの矯正生活

私の彼女は歯並びが悪く、青葉台 歯医者で矯正を20歳になってから始めました。10代の時から歯並びを良くしたいと言っていたのですが、お金がかかるということと歯を抜くのが嫌だという理由で今まではやりませんでした。でも働くようになって収入の得ていることと、歯を抜くのはもうしょうがないとあきらめて始めることにしました。
矯正歯科で診察をした結果、上下で歯を全部で四本抜かなければいけないことになりました。そして実際に四本抜いてみた感想は麻酔をするので意外と痛くなかったと言っていました。ただ、虫歯の歯を抜いたわけではなくのキレイな歯を抜いたのでそれがもったいないなと言っていました。
とはいえ、歯並びを良くするにはしょうがないと言って今頑張っています。早速裏側矯正をして上の歯と下の歯の両方にワイヤーを通しています。今はまだワイヤーをつけることで口の中に違和感があるそうです。そして矯正歯科のワイヤーが歯の内側に当たって口内炎になってしまうことがあるのでそれが慣れるまで大変だと言っています。